783解消ブログ

体の悩や人間関係などの悩みを持ちながら生活している方が多いかと思います。783(悩み)が解消できそうな情報を提供出来たらなと思います。

あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善したある方法とは?~口コミ レビュー

   f:id:zatugakutanosii:20201008204443p:plain

当ブログへ来ていただきましてありがとうございます。

783(悩み)解消ブログのタケやんです。

本記事では極度のあがり症を改善するための方法をご紹介しています。

あがり症でお悩みの方は実践してみる価値はあるかと思います。

そして今回ご紹介している「あがり症改善プログラム」の口コミ・レビューも見てみましょう。

あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善したある方法は?

例えば、

✅人前に立つと心臓がドキドキしてしまう

✅脚や手、声などが震えてしまう・・・

✅うまく喋れなくて顔が赤くなってしまう・・・
✅なぜか緊張のあまり汗をたくさんかいてしまう

✅吐き気や息苦しさ、喉が渇いたりめまいがしてしまう・・・

など個人毎に症状は違ってきますがあがり症を改善して人前で話せるようになるには心理学心理療法を学び実践することで無理なくあがり症を改善する方法があります。

 

そしてあがり症で悩まれてる多くの方の特徴は素直で誠実な方が非常に多いと言われています

人一倍努力して社会に貢献できる経験知識をたくさん持たれている方が多数いらっしゃいます

 

あがり症改善プログラムを実践された方の口コミ・レビューを以下より見ていきましょう。

 

プログラムを聴く前と聴いた後では、まったく違ってきてます。体の震えとか心臓のバクバクが全然違うんです。30代女性

 

受講前と受講後の人前に立った時の緊張感の違いに驚きました。受講後は、前に出て話す際に相手の目を見て話すことができたんです。今まで何冊も話し方の本を買ったり、話し方教室に行ったこともありますが、
楽しく話せる感覚は初めて感じました。40代女性

 

今までは人前で話すときに震えがありましたが、受講後には自分でコントロールすることができるようになりました。40代男性

 

心の面から改善できるというのは納得できて、とても信頼性がありました。20代女性

 

上記に記述した口コミはあがり症改善プログラムの作者でもある児島弘樹先生の公式サイトにある内容になります。

島弘樹先生ってどんな人なの?

と思われる方は過去にご紹介していますのでこちらをご覧ください↓↓

 

783.hatenablog.jp

 

実践された方は児島弘樹先生のサイトにも書いてありますが

正しい方法を実践すれば、あがり症はムリなく改善することができる

を素直に理解して行動に移された方が改善し健康で快適な日常に戻られた方々です。

 

以下より改めて確認してみましょう。

【あがり症改善プログラム】あがり症の症状

人前に出たりもしくは人前に出ることを頭の中で想像するだけでも以下のような状態になりませんか↓↓

✅頭の中が真っ白になる

✅手や膝などの体、または声が震えてしまう

✅極度の不安や恐怖に襲われる

✅体がガチガチに固くなってしまう

✅眠気が浅くなったり、眠れなくなってしまう

✅食べ物が喉を通らなくなってしまい食欲がなくなる

✅赤面してしまう

✅自分ではないような感覚に襲われる

✅呼吸がくるしくなる

✅不安や恐怖で人前に出る場面を避けてしまう

上記のような症状がある方は極度のあがり症でSAD(社交不安障害)という病名がつけられており、この症状で苦しんでいる方が7~8人に1人いると言われています。

【あがり症プログラム】人前で話す機会が多い

日常生活を思い浮かべてみましょう。

様々なシーンで人前で話す機会が多いかと思われます。

例えば、就職を始め転職や職場でプレゼンやスピーチをしたりなどまたは朝礼で定期的に部下へ挨拶をする場面など人前で話す機会は必ずと言って良いほど回ってきていませんか。

あなたの能力が高ければ学校や職場などで個性が発揮できるような機会は必然と多くなります。

 

では逆にあがり症を改善出来たことを想像してみましょう。

 あがり症を改善することで次のような生活が送れるような可能性がでてきます。

【あがり症改善プログラム】あがり症を改善出来たら

上記まであがり症について記述してきましたが、逆にあがり症が改善した後の自分を想像してみましょう。

あがり症が改善出来れば

✅いつでも堂々と人前で自信を持って話すことができる

✅自分の内側から溢れるような自信を持てる

精神的にも経済的にも豊かになる

人はコミュニケーション能力の差で年収が約2倍変わるというデータがあります。

例えば、会社の会議中に行うプレゼンやスピーチの能力が高いことによって自分の業績評価があがり昇格・昇給に繋がり、結果として収入が増えるとうサイクルになります。

人前であなた自身のことをしっかり表現できることで多くの方達と円満な人間関係を築くことができ、充実した生活を送ることができるようになります。

あがり症を改善出来たことであなたが持っている能力や知識、経験を存分に発揮できる環境を作ることができます。

あがり症を改善することであなたが本来持っている能力や知識が一気に加速して様々場面で今までと違う生活が送れるようになります。

すっかりあがり症を改善した自分を想像してみて下さい。 


もう悩むのは、終わりにしませんか?
膝はガクガク・・・

喉はカラカラ・・・

頭は真っ白・・・


あがり症の苦しみは、
なかなか人に理解してもらえないので、

一人で抱え込んでいるかもしれません。


しかし、1日たった15分で、
あなたも人前で落ち着いて
わかりやすく話せるようになれる方法があります。

極度のあがり症を改善し、
スピーチの全国大会で準優勝!

そんな経験&実績のある心理カウンセラーが開発した
あがり症改善プログラム】です。


このプログラムは、

☆あがり症改善に特に効果のある心理学&心理療法
☆スピーチ・プレゼンに必要な実践的スキル

という今までにはなかった
画期的な教材となっています。


開発者の心理カウンセラーが
極度のあがり症で悩み苦しんだ経験を持つので、

あなたの苦しみが誰よりもわかるとのこと。

既に多くの人々が実践し、
あがり症改善に成功しています。

あがり症を改善したい方はこちらから↓↓
あがり症改善プログラムの詳細

 

 

あがり症改善プログラム」の作者でもある島弘樹先生はどのような想いでこのプログラムを開発されたかを以下より見てみましょう。

 

【あがり症改善プログラム 】児島弘樹先生がこのプログラムを開発した理由は?

島弘樹先生のプロフィールから見てみましょう。

以前まで極度のあがり症で悩まれていたのか?と思えるほどの事実です。

慶応義塾大学卒
●あがり症専門心理カウンセラーレジスタードマーク️
●あがり症専門の話し方「Happy Hypno.jp」

 

島弘樹先生のあがり症体験話

島弘樹先生が自分であがり症だと意識したのが中学2年生の頃でした。

その自覚したあがり症での症状は以下のようなものでした。

クラスの中で個人的に何か発表することが決まった時に1週間ほど前くらいから体調が崩れ始め3日前くらいには寝ることもさえもできないほどの状態に・・・

発表会の当日には体調が戻らずげっそりと痩せてしまうほどで発表時の記憶はほぼ覚えていないほどだったそうです。

発表会が終わった翌日には筋肉痛になるほどの重症な症状を発症してしまうほどのあがり症でした。

ちなみにあがり症の方はすごい緊張状態になってしまうので全身に力が入っており、長時間この緊張状態が続くことで筋肉痛になってしまうようです。

ちょっと信じがたい話に聞こえるかもしれませんが極度のあがり症で重症な方は筋肉痛になってしまうほど辛い症状です。

そして児島弘樹先生の苦しみは年を重ねても続き、あまりにもひどい時は人前で話をすると死んでしまうんじゃないかという強迫観念までも感じていたそうです。

あがり症の症状は個人毎に違ってきますが、当の本人にしか分からないものです。

 

「なぜ自分だけがこんなに苦しい思いをしなくちゃいけないんだ!」・・・自分を責めたり、「いっそう消えてしまいたいっ!」と思ったりしてしまいます。

島弘樹先生も1人で苦しみ、誰にも分ってもらえないという悔しさと孤独で辛い思いを長年経験されていました。

 

【児島弘樹先生】あがり症改善プログラムはどのように開発したのか

あがり症だった児島弘樹先生はご自分のあがり症を

なんとか改善したい

あがり症を改善するにはどうすればいいのか・・・

という強い思いから心理学と心理療法を独学で勉強され始めました。

 

そして

大学に入られた後は物理学を専攻されました。

 

 ???

 

心理学ではなく物理学??だったようです。

島弘樹先生は大学に通いながら別に本格的に民間団体で心理学を学び始めて在学中に心理カウンセラーの資格を取得されました。

他にも催眠療法でもあるヒプノセラピーにも興味を抱き本格的に研究をされて国内はもちろん、海外にも学べる所があれば足を運んで学びに行ったようです。

自分自身のあがり症を改善するために様々な研究をしながら知識をつけて改善した児島弘樹先生は大手の会社に就職が決まり、営業職に就きます。

 

対面率が多い職種でもある営業職はあがり症の方にとってはかなりのリスクがあるかと思われますがこの時点で先生のあがり症は改善されていたのではないでしょうか。

 

2011年に行われた、ある全国規模のスピーチ大会で準優勝

【児島弘樹先生】極度のあがり症の男性がスピーチの全国大会で準優勝⁉

当時の児島弘樹先生が実際にスピーチしている動画がコチラです↓↓

 

youtu.be

 

この実際の動画を見て頂けたらわかると思いますがいきなりすごいですね・・・

島弘樹先生本人もびっくりされたようです。

あがり症の方が人前でスピーチをすること自体が恐怖ですからね・・・

普通じゃこのようにペラペラ喋ることさえ無理です。

今まで人前に立つことさえできなかった人が堂々とスピーチができるのは快挙です。

ちなみにこちらの動画はスピーチのプロ級の方達が集まる大会でしたからなおさらすごいですね。

どのようにすれば出来たのか??

島弘樹先生のプロフィールには書いていませんが、きっと今まで学んできた心理学や心理療法などの知識があがり症である児島弘樹先生の体と心の状態を改善へと導いてくれたんだと思います。

 

後々、先生はあることに気づかれました。

あがり症で苦しんでいるのは自分だけではないんだ・・・

 

島弘樹先生のこれまでの体験や知識を活かして同じようにあがり症で苦しんでいる人に共有できないか・・・

 

そしてついに

 

あがり症改善プログラム」という教材を開発したのです。

 

改めて児島弘樹先生のプロフィールを見てみるとあがり症改善プログラム開発のきっかけは自分の治療のためだったようですね。

 

この「あがり症改善プログラム」をこれまで実践した多くの方が

改善した」「変われた」と実感しており、以前までの苦しみから解消されてあがり症という体の悩みを克服して健康的な生活を送れるようになっています。

 


あがり症で悩んでいるあなたへ。
もう悩むのは、終わりにしませんか?
膝はガクガク・・・

喉はカラカラ・・・

頭は真っ白・・・


あがり症の苦しみは、
なかなか人に理解してもらえないので、

一人で抱え込んでいるかもしれません。


しかし、1日たった15分で、
あなたも人前で落ち着いて
わかりやすく話せるようになれる方法があります。

極度のあがり症を改善し、
スピーチの全国大会で準優勝!

そんな経験&実績のある心理カウンセラーが開発した
あがり症改善プログラム】です。


このプログラムは、

☆あがり症改善に特に効果のある心理学&心理療法
☆スピーチ・プレゼンに必要な実践的スキル

という今までにはなかった
画期的な教材となっています。


開発者の心理カウンセラーが
極度のあがり症で悩み苦しんだ経験を持つので、

あなたの苦しみが誰よりもわかるとのこと。

既に多くの人々が実践し、
あがり症改善に成功しています。

あがり症を改善したい方はこちらから↓↓
あがり症改善プログラムの詳細

 

【あがり症改善プログラム】児島先生がプログラムを公開する想いは

島弘樹先生の公式サイトでも同じ言葉が繰り返しでてくる

正しい方法を実践すれば、あがり症は無理なく改善できる

という言葉があります。

児島先生自身があがり症で苦しんでいた過去の経験があるからこそ、現在あがり症で苦しんでいる方の気持ちが痛いほどわかる。

だからこそ先生自身が自分の為に研究してきたあがり症の改善方法を1人でも多くの人に伝えて健康的で快適な生活を送ってほしいという想いでこのプログラムを公開しています。

【あがり症改善プログラム】誰にでも実践できる

児島先生が研究し学んだ専門知識や技術は素人の方には難しくてハードルが高く実践しても続かないんじゃないのか・・・と思われるかもしれませんね。

しかし、この教材では誰にでも簡単に実践できるような内容にまとめてくれています。

例えば、専門的な知識など(緊張とは何か・マインドセットとは)要点をまとめてわかりやすい内容になっていたり、催眠療法ヒプノセラピーではご本人でその体験ができるように音声ファイルで先生が誘導してくれています。

 

あがり症改善プログラム

正しい方法を実践すれば、あがり症は無理なく改善できる。

教材を読みながら進めていくことで誰でも正しい方法を実践することが出来るようになっています。

教材にはテキスト・音声ファイル共にセットになっており解説もついています。

何度も繰り返して聞くことも可能なので安心して実践できます。  

【あがり症改善プログラム】あがり症だった人が開発したプログラム

児島先生自身が過去にあがり症で自分の症状を治したいと強く思い研究して専門知識を学び結果として改善した御本人です。

自分の体の悩みを改善しそれを開発したプログラムという例はあまり聞いたり見ないと思われます。

専門家の方が開発してプログラムにするのはよくあるパターンですが、過去に自分があがり症だったからプログラムを開発したといのは児島先生くらいじゃないでしょうか。

 

あがり症の苦しさを見に持って知っている方が、同じように苦しんでいる方へ

明るい人生を送ってほしいという気持ちで開発したのが

あがり症改善プログラム」です。

 

あがり症を改善したい方は実践あるのみです。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。