783解消ブログ

体の悩や人間関係などの悩みを持ちながら生活している方が多いかと思います。783(悩み)が解消できそうな情報を提供出来たらなと思います。

児島弘樹のあがり症改善プログラムの効果は?評価と口コミ

    f:id:zatugakutanosii:20201020202422j:plain

 

人前に立って話すのが怖い、心臓がドキドキしてしまうなど人それぞれ症状は異なりますが「あがり症」でお悩みの方へ。

この記事では児島弘樹先生の「あがり症改善プログラム」についての内容や効果・方法について評価と口コミを見ていきます。

あがり症を自分の力で改善したい!と思っている方は最後まで読んで頂けると幸いです。

 

 児島弘樹のあがり症改善プログラムの効果は本当?

   f:id:zatugakutanosii:20201020203714j:plain

1日たった15分のヒプノセラピーを試すだけで本当にあがり症を克服でき、人前でも堂々と落ち着いて話せることができるのでしょうか・・・

あがり症改善プログラムは

ヒプノセラピー催眠療法)を用いることでスキル面とメンタル面の両方向からアプローチすることであがり症を根本的に改善することを目的としたプログラムになっています。

あなたはこのような不安を抱えていませんか?

   f:id:zatugakutanosii:20201020203642j:plain

✅人前に立つと緊張して心臓がドキドキしてしまう

✅極力他人との接触を避けたい

✅職場の会議やスピーチで自分の意見が言えない

✅人前だと極度の緊張で手が震えてしまう

✅電話をかけたり電話に出るなど怖くて出来ない

✅大人数の中にいると他人からの視線が怖い

 

 近年、現代人の7人に1人はあがり症で悩まれているというデータがあります。大勢の人前で話をして恥ずかしい思いをしたらどうしよう・・・など強い不安や恐怖を感じてしまう人達にはSDA(社交不安障害)という診断がされるようになりました。

しかし、このあがり症を改善出来た方達は初対面の人でもしっかり会話ができたり会議のプレゼンなどでも堂々と自分の意見を発言できたりなどあがり症改善プログラムの効果が出ていることは本当です。

極度のあがり症の人たちは行動に移さず諦めてしまいがちで「小さい頃からの性質だから仕方がない」「どうせ改善など出来ずこのまま生きていくんだよ」と考えがちですが「あがり症は正しい方法を用いれば、劇的に改善できる」とされています。

そしてあがり症改善方法の1つとして注目されているのがヒプノセラピー催眠療法)です。

 

催眠と聞くと「怪しいんじゃないの?本当に効果あるのか?

インチキくさいんだけど!!

と聞こえてきそうです・・・無理はありませんね。

 

しかし、催眠療法はれっきとした科学的なもので心理学と心理療法に基づきおこなわれ、アメリカの医師会ではヒプノセラピーが有効な治療法として長年の研究によって認められており、多くの精神面でのコンプレックス解消に効果が証明されています。

 

そこで!

 

催眠療法あがり症に有効ならば・・・

現在あがり症で悩まれている方が自分でしかも自宅ヒプノセラピー催眠療法)のテクニックを再現できるセルフケアのプログラムが「あがり症改善プログラム」です。

このあがり症改善プログラムの作者でもある心理カウンセラー・ヒプノセラピスト(催眠療法士)の島弘樹先生は以前まで極度のあがり症でした。

作者の児島弘樹先生自体が極度のあがり症であったことがきっかけでこのプログラムを開発されたのですがあがり症で悩まれている方の気持ちは誰よりもよくわかっております。いったい児島弘樹先生とはどんな人なのかは過去に記事を書いていますのでこちらをご覧ください↓↓

 

783.hatenablog.jp

  

あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

 

1日たった15分のセルフケアであがり症を改善して人前で堂々と落ち着いて話せるようになったらあなたは試してみる価値はありますか?

 

以下よりさらに詳しく見ていきましょう。

【児島弘樹】あがり症改善プログラムとはどのような教材なの?

プログラム概要

プログラムの目的

SDA(社交不安障害)など極度のあがり症を改善して大勢の人前でも落ち着いて話ができる自分になる。

性別や年齢に関係なく、効果が期待できるようにプログラムされています。

 

教材の特徴

  • 1日最低15分という時間を使って横になったままで出来てしまうほど簡単にできる
  • 道具や薬を使用するものではないので体への副作用等の心配はなくおこなえる
  • あがり症を改善するための根本的な原因を取り除くアプローチ
  • 再発しないための精神面の障害を取り除き、考え方や心構えを磨き、人前で落ち着いてスピーチが出来るようになるための具体的なテクニックを習得できる

自宅で空いた時間に自分であがり症を改善できるプログラムとなっています。

 

教材のセット内容

動画教材・・・1時間35分の動画

音声ファイル・・・2時間10分

PDFテキスト・・・102ページ

 

あがり症改善プログラム購入の特典

全額返金保

3カ月間の無料メールサポート

 

 

【児島弘樹】あがり症改善プログラムの作者である児島弘樹さんとは

   f:id:zatugakutanosii:20201020204123j:plain

島弘樹さんは以前まで極度のあがり症で悩まれていた方でしたがご自身であがり症を改善するために心理学・心理療法を学び、後に心理カウンセラー・ヒプノセラピスト(催眠療法士)になりました。

そして驚くことに、極度のあがり症であった児島弘樹さんは2011年に開催されたトーストマスターズ・インターナショナルのスピーチコンテストで見事、準優勝の成績を残しています。

その時の動画がこちらです↓↓

youtu.be

 

ご視聴して頂けたらわかるかもしれませんが、極度のあがり症で悩んでいた方?と思われるくらい堂々と大勢の前でスピーチをされている児島弘樹さんです。

あがり症改善プログラムを実践することであがり症を改善して人前でも落ち着いて話すことができるようになるプログラムになっています。

 

【児島弘樹】あがり症は正しい方法さえ知れば克服することができる

   f:id:zatugakutanosii:20201020203652j:plain

あがり症は性格や性質の問題ではなく潜在意識が原因だったんです!

「あがり症は生まれつきの性格や性質だからしょうがないんだよ」・・・

 

ちょっと待って下さい!!

 

上記のように諦めてしまう方も多いのですが

 

心理学や心理療法の世界では直接、深層心理に働きかけて潜在意識書き換えすることができればあがり症を改善できることが分かっています。

 

ここで肝心なのがあがり症は正しい方法さえ知れば克服ができると言われています。

しかし、あがり症でお悩みの方達の多くが正しい方法を知りません。ですので間違った方法(精神論や根性論)などまたは心の病と思い込んで治療をしようとしてしまいます。

このあがり症改善プログラムでは正しい方法を用いてヒプノセラピー催眠療法)を取り入れて1日15分という時間を使いご自分で取り組むことができるプログラムになっています。

 

【児島弘樹】ヒプノセラピー催眠療法)とは?

島弘樹さんが作者のあがり症改善プログラムで用いられているヒプノセラピー催眠療法)とは何なのでしょうか。

さらに気になるのが自宅で本当ヒプノセラピー催眠療法)を再現できるのでしょうか?

以下よりご説明します。

催眠状態のことを英語でHypnosis(ヒプノシス)といいます。

そして心理療法の意味とするTherapy(セラピー)を合体させるとHypnotherapy(催眠療法)と呼ばれるようになりました。

催眠と聞くとよくTVなどで見る暗示をかけて人を思うように動かすようなイメージが強いかもしれませんがあがり症改善プログラムで用いる催眠状態はTVのようなものではないと言うことです。

実は私達は毎日生活している中で1日に何回も催眠状態に入っていると言われています。

例えば、

学校の数学の宿題を早く終わらせるために計算に集中していると後ろからお母さんに呼ばれているのに耳に入らなかったり、30分で切り上げようと思っていたらいつの間にか1時間経っていたなんてこともありますね。

このような状態も一種の催眠状態と言われており、集中力が研ぎ澄まされた状態になっています。

ですから誰でも催眠状態に入ることはできるので決して難しいことではないんです。

【児島弘樹】催眠療法で潜在意識を呼び起こす

人間の脳内では顕在意識と潜在意識が存在しており、普段私たちはわずか5%の顕在意識の中で物事を考えたり目で見た情報を処理しています。

一方95%を占めている潜在意識はほぼ使われずに生活をしていると言われています。

そこで、ヒプノセラピー催眠療法)を用いることで95%の潜在意識を呼び起こすことができると言います。

何もせずに顕在意識(5%)のままで生きていくか潜在意識(95%)も呼び起こして生きていくか......

 

催眠療法を用いることであがり症を改善するだけでなく今後の人生の可能性を広げてくれるものになるかもしれません。

 

 【児島弘樹】スキル面とメンタル面の両方からアプローチ

 あがり症改善プログラムの教材にはスキル編とメンタル編の2種類が用意されています。

ご自分で心理療法を行いながら、人前に立っても堂々と話ができるようになるためのテクニックも学ぶことができます。

あがり症を克服するためにもスキル(技術)だけ習得されてもメンタル面が弱ければ人前に立つことは困難ですが逆にメンタル面だけを習得しても相手に伝わる話し方が分からなければ自分の意見が伝わりません。

スキルとメンタルの両方をバランスよく習得することで実践(人前に立って堂々と話せる)に自信が持てるようになります。

 

例えば、水が怖いメンタル)を克服して泳げるようになりたいとプール教室に通うことになり、水には全く触れずに先生から泳ぎ方の技術と知識スキル)だけを教わって習得しただけでは水が怖いは克服できません。

一方、水に慣れて顔を水面に入れられるように克服することはできたが泳ぎ方の技術と知識がなければ10mさえ泳ぐことができませんね。

このメンタルスキルの両方をバランスよく取りながら両方を習得することで水が怖い(メンタル)という恐怖心(人前に堂々と立てる)と泳ぎ方の技術と知識(スキル)を磨く(落ち着いて話すためのテクニック)ことであがり症を根本から改善へと導いていきます。どちらか一方に偏りすぎてしまった方法ではあがり症を改善したとは言えません。

 

【児島弘樹】あがり症の原因は2種類ある?

上記でもお伝えしましたがあがり症の原因には2種類あります。

  1. 精神面でのあがり
  2. 技術面でのあがり

1.精神面でのあがり

普段の日常生活では何事もなくこなせる出来事が特別な状況下に置かれたときに極度の緊張により普段通り振る舞うことができなくなってしまう状態です。

例えば、

  • 就職試験を受けるために面接の練習を何度も必死にして当日を向かえたが、本番では緊張のあまり言葉は出ず、頭の中は真っ白になり自分で何を答えているか分からなくなってしまった。
  • 大勢の前でのスピーチ直前に極度の緊張で汗が吹き出し、脚、手が震えてしまい言葉さえ出てこなかった。

2.技術面でのあがり

自分なりに事前の準備を整えてなく想定していないことが起こり発生する緊張状態です。

例えば、

  • 明日行われる会議でのプレゼンで必要になる資料が全く出来上がらず練習すらろくにできないまま本番を迎えてしまった。
  • 商談で初対面に合う人の情報が全く知らされていない状態で時間が来てしまった。

上記のようにあがり症には2種類あります。

 

しかし、あがり症の精神面でのあがり技術面でのあがりを改善するためにあがり症改善プログラムを学ぶことで慣れが生まれます。

例えば、

高校に入学して新しいクラスになった時に今ままでとは環境がガラリと変わり「これからうまくやっていけるかな」と不安な気持ちがよぎるかもしれません。

しかし半年後、1年後も同じ気持ちで過ごしていると思いますか?

高確率で「思わない」じゃないでしょうか。

初めの1、2ヶ月は不安な気持ちがあるかもしれませんが以降は慣れたんです。

つまり慣れることであがり症を改善することができます。

ここでお伝えしたいことは「生まれつきあがり症」だから治らない・・・

という人はいません(断言)。

正しい方法で実践してトレーニングをおこない、コツを掴めればあがり症は治せると言うことです。

 

 お申込みは👇👇のボタンから公式サイトへ

  

【児島弘樹】あがり症改善プログラムの受講方法は?

   f:id:zatugakutanosii:20201003091809j:plain

島弘樹さんのあがり症改善プログラムの受講方法について以下より見ていきましょう。

受講は「会員ページ」から

あがり症改善プログラムはネット上(オンライン)での受講になります。

教材はネット上で閲覧しながら受講できるのでご自宅に教材は届きません。

あなたのお好きな時間にPCまたはスマホなどで会員ページからアクセスして様々用意されているテキスト・音声・映像をしながら受講できるスタイルになっています。

スマホを使用すればいつでもどこで視聴可能で職場の休み時間や通勤途中でも取り組むことができます。

 

受講方法

あがり症改善プログラムにはメンタル編・スキル編の2種類が用意されています。

仕事で忙しかったり、時間がなかなか取れないという方でもメンタル面とスキル面の両方からアプローチすることで効率よく取り組むことが出来る構成になっています。

中でもメンタル編の中に入っている

1日たった15分間聞くだけであがり症を改善!ヒプノセラピー催眠療法)特別音声ファイル。は効率よくあがり症を改善できる方法です。

あがり症改善プログラムのメインである特別音声ファイルはできるだけ毎日聴くことであがり症改善への取り組みになります。

ヒプノセラピー催眠療法)特別音声ファイルは聴くだけでもリラックスでき、イヤホンやヘッドホンを使用されることを推奨されています。

もちろんそれ以外の内容も大量にコンテンツが用意されています。

ですのでご自分のペースに合わせて時間をかけて取り組んでいき、もう一度閲覧や音声、映像を見たい、聴きたいと思ったら戻れば何回も視聴は可能になっています。

 

 【児島弘樹】あがり症改善プログラム:メンタル編の内容

 児島弘樹さんのあがり症改善プログラムのメンタル編のまないようについて以下よりお伝えして行きます。

あがり症改善プログラム:メンタル編

メンタル編では催眠療法を用いてあがり症改善法をおこなっていきます。

この催眠療法をおこなうことであがり症を始め他にもマイナス思考の方やうつ病・引きこもりの改善など日常生活において良い方向へと結果が生まれてきます。

他にも自分に自信がつくようになったり集中力が高まるなどの効果があります。

前述しましたがヒプノセラピー催眠療法の音声を毎日聴くことによってあがり症を改善へと導いてくれます。

【音声】00.はじめに

島弘樹さんがあがり症改善プログラムについて熱く想いを語られています。

あがり症改善プログラムを始めて、自分が何のためにこのプログラムをやっているのか・・・もし目的を見失ってしまった時やトレーニングが続かなくなってしまた時などには聴きなおして初心に戻ることもできます。

 

【動画】01.催眠療法ヒプノセラピー

ヒプノセラピーがあがり症に効果があるということが納得できればトレーニング意欲が湧くと思います。この動画では催眠療法ヒプノセラピー)があがり症にどのような効果があるかを解説されています。

 

【音声】02.1日たった15分聞くだけであがり症を改善!ヒプノセラピー催眠療法)特別音声ファイル

ご自分のペースに合わせて時間があるときに1日15分ほどリラックスした気分で聴くことで催眠療法の効果があり、あがり症を改善してくれます。

音声ファイルの音声に集中することも大切ですが慣れるまでは聴き流しても良いかもしれません。だんだんと耳から入ってくる音声に慣れることで催眠状態を実感できるようになります。

【音声】03.あがり症をひどくする考え方、改善する考え方

あがり症をひどくしてしまう考え方と改善する考え方があります。

人は無意識のうちに思考を巡らせて色々な考え事ができる生き物です。そしてあがり症の人にはその考え方や思考にある共通点があると言われています。

考え方を「あがり症を改善する」という思考へと切り変えてあげることで改善へと向かっていきます。

【音声】04.あがり症を改善する考え方を習慣化する方法

03でもご紹介したあがり症を改善するための考え方というのは、ある意味習慣なんです。この04の章ではあがり症を改善する考え方を理解したら今度は習慣化していく方法をご紹介しています。

【動画とテキスト】05.緊張をその場で解消する方法

 05の章では動画とテキストにて解説されています。

御経験があるかもしれませんが、緊張をしないようにと理性を利かせて感情を抑え込もうと思うかもしれませんがうまくいかない・・・という方が多数です。

行動を理性と感情の間に挟み込むことで緊張を解消する方法をご紹介しています。

【動画とテキスト】06.自分で緊張を解消できる心理療法

 自分で緊張を解消できる心理療法EFTとも呼ばれている心理療法です。

 あがり症を始めパニック障害うつ病などメンタル面の改善方法にEFTの効果があります。

このEFTを行う際は特定の言葉を口にしながら自分の体のツボを軽く指先で叩くだけでスーッとネガティブな感情が治まり即効性があり効果は絶大です。

テキストと児島弘樹さんが実演している動画を見ながら実践できるようになっています。

【動画とテキスト】07.人前で話すスイッチの作り方

大勢の前で話すことを想像すると心臓がドキドキしたり不安に襲われるなどこれは一種の条件反射と言われています。

そしてこのネガティブな条件反射を利用して、逆に大事な場面でポジティブな条件反射を作れれば人前で堂々と話すことができるようになります。

このポジティブな条件反射こそ人前で話すスイッチ(感情のスイッチ)になります。

この07の章では人前でも話すスイッチを作るための誘導音声もコンテンツに含まれているのでご自分でも感情のスイッチ作りを体感することができます。

【動画とテキスト】08.人前に出るときのマインドセット

この章では数多くのスピーチの場で学んだ児島弘樹さんの研究と知識を体系化したテクニックをご紹介されています。

大勢の前で話をする際に脳裏によぎるのが人前で恥をかいたらどうしよう、笑われたらいやだなあ、ちゃんと話を聞いてくれるのか・・・など様々な不安があります。

このネガティブな否定イメージを肯定的なイメージに書き換えることができればむしろ人前に立つことに自信がつき楽しくなります。

そのようなテクニックをご紹介しています。

【児島弘樹】あがり症改善プログラム:スキル編の内容

あがり症改善プログラム:スキル編

 上記のメンタル編に続きスキル編をの内容を以下より見ていきましょう。

スキル編では人前で話をするときの話し方に注目した内容になっています。

「別に話し上手にはならなくてもいいんだけど」と思われる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、実は人前に立つと緊張してしまったりしてしまう人は基本的な話し方のスキルが身についていないのが原因とも言われています。

このスキル編では人前で話すことへの不安を払拭するためのスキルを身につけることであがり症の改善へと導いてくれます。

スキル編では日常生活や社会生活で常識的な話す技術が解説されています↓↓

✅理論的に話せる方法

✅緊張すると声が出にくくなったり震えたりするのを防ぐ方法

✅滑舌をよくする方法

私生活または社会生活等において実用的な話す技術について解説がされている内容になります。

 

【動画とテキスト】01.今すぐ論理的にわかりやすく話せるようになる

 話をしていて「何を言っているのか伝わらないんだけど」と言われたことはありませんか?または自分で何を話しているのか分からなくなってしまった・・・というご経験はあるかもしれません。

 大勢の人の前で話すことで緊張するあまり自分が何を話しているのか分からなくなってしまうというケースがよくあります。

では論理的にわかりやすく話せるようになるにはどうすれば良いのでしょう。

この01の章では話すパターンについて詳しく解説されています。

シンプルで使いやすい話し方のパターンを習得することで誰でもすぐに使いこなせるようになります。

【動画とテキスト】02.あがり症を改善する原稿作成法

職場の会議でプレゼンを頼まれたり大勢の前でスピーチを依頼されたなど様々なシーンでまずは話の内容となる原稿を準備されるかと思われます。

原稿を作成して話す内容をまるまる暗記しようとすることさえも苦痛に感じるかもしれません。しかも暗記をする際は一語一句までしっかり覚えようとしてしまいますが、これこそがあがり症を助長してしまう方法だと言われています。

この章ではあがり症を改善できる原稿作成法を詳しく解説されており、1枚の原稿で内容がすぐにわかることができるようになるためのテクニックがご紹介されています。

【動画とテキスト】03.呼吸法

この章では児島弘樹さんが独自で開発した呼吸法、4ステップ呼吸法が解説されています。日常生活で呼吸に意識をされている方は少ないかもしれません。

ここでは呼吸に意識を傾け、実践することにより精神状態を始め、身体の変化や話し方などに大きく変化が出てきます。ご自分の意識を呼吸に向けてみましょう。

【動画とテキスト】04.人にいい印象を与える方法

心理学では人の印象は6秒で決まると言われています。

あなたが初めて会う人の印象はどこで決めていますか?

会って会話もしない状態で良い印象を与えるならば笑顔ではないでしょうか。

この章ではどうして笑顔が大切なのかについて解説しています。

【動画とテキスト】05.声

声で印象が変わると言うことはご存じでしょうか?

声の質は変えられなくても声の印象は変えることができます。

あがり症の方は話す時に声が震えてしまったりうわずってしまったりなどするかもしれません。

この章ではにアプローチすることであがり症の改善を考えていきます。

【動画】06.声のための口周りトレーニン

この章では動画で口周りトレーニングをおこない印象の良い声で話す事ができるようになるための解説がされています。

 

【児島弘樹】あがり症改善プログラムの口コミと評価

上記まであがり症改善プログラムの詳細をご紹介させて頂きました。

以下よりあがり症改善プログラムを実践された方の口コミ・レビューを見ていきましょう。

 

プログラムを聴く前と聴いた後では、まったく違ってきてます。体の震えとか心臓のバクバクが全然違うんです。30代女性

 

受講前と受講後の人前に立った時の緊張感の違いに驚きました。受講後は、前に出て話す際に相手の目を見て話すことができたんです。今まで何冊も話し方の本を買ったり、話し方教室に行ったこともありますが、
楽しく話せる感覚は初めて感じました。40代女性

 

今までは人前で話すときに震えがありましたが、受講後には自分でコントロールすることができるようになりました。40代男性

 

心の面から改善できるというのは納得できて、とても信頼性がありました。20代女性

 

上記に記述した口コミはあがり症改善プログラムを実践された方の声になります。

そして、児島弘樹さんのあがり症改善プログラムの評価をすると

【児島弘樹】あがり症改善プログラムは誰にでも実践できる

島弘樹さんが研究し学んだ専門知識や技術は素人の方には難しくてハードルが高く実践しても続かないんじゃないのか・・・と思われるかもしれませんね。

しかし、この教材では誰にでも簡単に実践できるような内容にまとめてくれています。

例えば、専門的な知識など(緊張とは何か・マインドセットとは)要点をまとめてわかりやすい内容になっていたり、催眠療法ヒプノセラピーではご本人でその体験ができるように音声ファイルで児島弘樹先生が誘導してくれています。

 

あがり症改善プログラム

正しい方法を実践すれば、あがり症は無理なく改善できる。

教材を読みながら進めていくことで誰でも正しい方法を実践することが出来るようになっています。

教材にはテキスト・音声ファイル共にセットになっており解説もついています。

何度も繰り返して聞くことも可能なので安心して実践できます。  

【児島弘樹】あがり症改善プログラムは元あがり症だった人が開発したプログラム

島弘樹さんが過去にあがり症で自分の症状を治したいと強く思い研究して専門知識を学び結果として改善した御本人です。

自分の体の悩みを改善しそれを開発したプログラムという例はあまり聞いたり見ないと思われます。

専門家の方が開発してプログラムにするのはよくあるパターンですが、過去に自分があがり症だったからプログラムを開発したといのは児島弘樹さんくらいじゃないでしょうか。

 

あがり症の苦しさを見に持って知っている方が、同じように苦しんでいる方へ

明るい人生を送ってほしいという気持ちで開発したのが

あがり症改善プログラム」です。

 

 


あがり症で悩んでいるあなたへ。
もう悩むのは、終わりにしませんか?
膝はガクガク・・・

喉はカラカラ・・・

頭は真っ白・・・


あがり症の苦しみは、
なかなか人に理解してもらえないので、

一人で抱え込んでいるかもしれません。


しかし、1日たった15分で、
あなたも人前で落ち着いて
わかりやすく話せるようになれる方法があります。

極度のあがり症を改善し、
スピーチの全国大会で準優勝!

そんな経験&実績のある心理カウンセラーが開発した
あがり症改善プログラム】です。


このプログラムは、

☆あがり症改善に特に効果のある心理学&心理療法
☆スピーチ・プレゼンに必要な実践的スキル

という今までにはなかった
画期的な教材となっています。


開発者の心理カウンセラーが
極度のあがり症で悩み苦しんだ経験を持つので、

あなたの苦しみが誰よりもわかるとのこと。

既に多くの人々が実践し、
あがり症改善に成功しています。

お申込みは👇👇のボタンから公式サイトへ

 

  

まとめ

   f:id:zatugakutanosii:20201020203703j:plain

今回ご紹介させて頂いた児島弘樹さんのあがり症改善プログラムは学生さんを始めサラリーマンの方や主婦の方など誰にでも実践できる内容になっています。

現在あがり症でお悩みの方は一歩勇気を出して実践されてみてはどうでしょうか。

あがり症を改善せずに過ごしていくのか、またはあがり症を改善して明るい人生を過ごすのかでは将来大きな差が出てきます。

   f:id:zatugakutanosii:20201020205219j:plain

 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。